ぱん工房 とある

岩佐 章子さん

いわさあきこ|愛知県出身の元システムエンジニア。お客さんと向き合う仕事がしたいと思い、20代後半でパン屋に転職。そこのコンサルタントから誘われ、富山のパン屋での修業を経て滑川で自分の店をオープンした。自家製の天然酵母を使ったハード系のパンや菓子が特徴で、パン教室も開催している。一児の母。

新天地、パンから始まる暮らし物語

滑川の高台にある「とある」パン屋さん。天然酵母で作るハード系のパンを中心に、タルトやパイなどの焼き菓子も人気だ。
パン屋に勤めた当初は女性の職人が少なく、まさに男性の職場。「厳しいところで頑張ればみんなに認めてもらえるかな」とがむしゃらに頑張った。知人に紹介してもらった滑川の高台は、市街地から近いのに全く異なる雰囲気が気に入り、田んぼだった土地を購入。内装などを自力で行う「ハーフビルド」で店舗兼住宅を建てたツワモノ。「珍しかったのか、みなさん何かと声をかけて助けてくださいました」と振り返る。
「できるだけ自分で作ろう」というスタンスは酵母も同じ。ライ麦や自分で育てたハーブ、野菜、地場産の果物などから起こした独自の天然酵母を使用するようになった。
子どもが生まれる前は夜中でも仕込みをしていたものの、個人事業は体を壊しては成り立たないと気付き、産後に無理のないスタイルを確立。「始めるのは簡単だけど、続けるのは難しい。これから挑戦する人は、長く続けるつもりならスタートに力を注ぎすぎず身軽に始めるのをおすすめします」と話す。
見える範囲で子どもを遊ばせながら仕事をし、時にはおんぶで店頭に立つなど、現在小学3年の息子は働くママの姿を常に見て育った。「息子の将来やりたいことの中にはパン屋さんも入っています。野菜作りや農家もやりたいそう。今後は定期開催しているパン教室や子ども向けパン教室の回数を増やし、そちらへシフトしていけたらと考えています。80歳まで現役のパン屋でいたいですね」とまぶしい笑顔を見せる。

ぱん工房 とある
滑川市下野218-2
TEL:076-474-1195
http://www.net3-i.jp/toaru/